経営士がビジネスの困り事にワンストップで対応します

チーム紹介

  • HOME »
  • チーム紹介

センター経営士

我妻 隆吉 (ワガツマ リュウキチ)

千葉東葛経営支援センター 副センター長 我妻 隆吉

 千葉東葛経営支援センター副センター長。経営士。1977年に大手機械メーカー入社し、設計・生産技術者として数多くの生産革新プロジェクトに参画する。推進リーダーとして担当した「モノづくり革新プロジェクト」においては、トヨタ式カイゼンの導入推進と定着化に貢献。
 また、QCD統括リーダーとして担当した「工場統合プロジェクト」においては、新工場の垂直立上げ及び革新的生産方式の構築に貢献。その後アフターサービス部門に移り、国内ユーザーをはじめ海外ユーザーの各種プロジェクト立上げ及び運営支援を行う。2016年、お客様のさらなる成果を追い求めて経営コンサルタントに転身。現在は得意とする製造業で業務効率化やナレッジの共有化を中心に、コンサルティング活動をおこなっている。
 特定非営利活動法人 日本経営士協会 認定経営士、公益社団法人 全日本能率連盟 認定マネジメント・コンサルタント。
■ 主な執筆活動
成長企業のあり方~本質を見極める為の知の継承」(ギャラクシーブックス)ほか

丸山 一樹 (マルヤマ カズキ)

日本経営士協会首都圏支部役員 丸山一樹

 特定非営利活動法人 日本経営士協会 役員。経営士。丸山未来経営研究所 所長。
1965年埼玉県生まれ。国学院大学卒業後、自動車用部品メーカー勤務を経て経営士として独立。27年間勤務したメーカーでは主に企画営業として自動車メーカーへの製品企画提案を推進。自社製品を搭載し世に送り出した車両は100車種以上のNO.1実績。一方、仕入先へのプロジェクト指導も担当する中で,懇意にしていた下請部品メーカーの突然の倒産を15件経験し、共に苦労した事はなんだったのだろうと無力感を味わう。しかし、会社員一個人ではどうする事も出来ず限界を感じる。そんな中、中小企業を元気にする事が、日本を元気にする事だと気づく。
「会社を100年永続させる」を使命に中小企業の経営支援をする「経営士」の存在を知り、日本経営士協会の門を叩く。会社員の傍らマネジメントを学び経営士となる。現在は業種・業態問わず社員数20名以下の会社の社長の「ビジョン」実現をキャッシュフローを使って本業の発展に貢献する「資金調達に強い経営士」として意志決定の支援に深く関わる。
経済産業省認定 経営革新等支援機関(関財金1第587号)

■ 主な執筆活動
近代中小企業』(経営者向け専門誌)に特集記事を寄稿
“スチームパンク”でGO! 自動車部品工場の未来を見据えた『変化への対応』」(2017年2月号掲載)
『中小企業等経営強化法』国の支援策を活用してインバウンドを取り込む」(2016年10月号掲載)
東洋経済オンラインニュース』に人気記事を掲載中★
 「しこたま貯金したいならトヨタ式に習え」  「堅実に貯金したないらこの基本を知れ」  「三菱自動車の元下請け社員が見た異質な風土
■ 経営者向け勉強会
決算書を読み解けず、会社のお金の流れにドンブリな経営者に「お金のブロックパズル」を使って視覚的に誰でも一瞬で理解出来る「脱★ドンブリ経営実践セミナー」を定期開催している。

横山 忠信 (ヨコヤマ タダノブ)

日本経営士協会 首都圏支部長 槿山 忠信

 特定非営利活動法人 日本経営士協会 経営士補 首都圏支部役員。
 プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル(PMP)。
 電気通信主任技術者(伝送交換)、デジタル1種工事担任者。大手メーカ系IT関連グループ会社勤務。
 1963年、大阪生まれ。長年IT業界で従事、企業情報システム開発から携帯電話などのハードウェアを制御するシステムの開発まで携わる。一方で、開発プロジェクトのプロジェクト・マネジメント面からの支援も行い、主にコミュニケーションマネジメント、スケジュールマネジメントステークホルダーマネジメントを専門としている。スケジュールマネジメントでは、工期短縮化を目的としたCCPM(制約理論(TOC))の現場への導入、コミュニケーションマネジメントではファシリテーションスキルを駆使した現場におけるコミュニケーション円滑化に取り組んでいる。また、中小企業を対象としたITコンサルティング営業に従事し中小企業IT化戦略コンサルティングの経験を持つ。近年では、人材育成分野におけるショートケースメソッドによる暗黙知の効果的な継承方法の確立に取り組む。
■ 主な執筆活動
成長企業のあり方~本質を見極める為の知の継承」(ギャラクシーブックス)ほか

協力経営士

木村 俊之 (キムラ トシユキ)

経営士 行政書士 木村俊之

 行政書士/経営士。
 大手電気メーカーで32年間に渡り、自動車向けの新製品開発に従事。特にソフトウェア分野では技術者として100件を超える特許を出願し、その後管理職、役員としてプロジェクト管理や経営全般を経験する。その後、セカンドキャリアとして行政書士事務所を開業し、お客様の事業立ち上げ支援として、法人設立、必要な許認可の取得、立ち上げ後のアドバイス等をワンストップで行っている。

安藤 智洋 (アンドウ トモヒロ) 

経営士補 公認会計士 安藤 智洋

 公認会計士、経営士補。
 公認会計士として、大企業から小企業まで幅広く経理・財務業務を見てきた経験を活かし、経理業務効率化のための相談・改善提案や、経営者や銀行向けの経理レポートの作成支援を行っています。そのなかでも、Excelを活用してバックオフィス業務を効率化するツール作成を得意としています。また、ツールの導入のみならず、業務手順を見直すことによる省力化のアドバイスや、経理のスキルアップのための研修も実施しています。

吉田 浩子(ヨシダ ヒロコ)

経営士補 吉田浩子

 経営士補、知的資産経営認定士、二級知的財産管理技能士。
「知財で日本のモノづくりをアツくする」を信念とし、技術で勝ってビジネスでも勝てる中小企業を1社でも増やすべく知的財産経営の支援を行っております。具体的には知的資産経営(企業に固有の知的資産を有効に組み合わせて活用していき収益につなげる経営)をベースに知的財産(ノウハウ、特許、商標等)を経営に活かす方法をご提案しております。

協力機関

【税理士】谷澤税理士事務所

 1993年開業のベテラン税理士事務所です。
 法人関与先には、単に決算で決算税務申告書を作成するだけではありません。
 中小企業会計に則った決算書を作成、金融機関の融資にプラスの材料となる決算書作成を心がけています。
 豊富な経験が金融機関融資交渉において、攻めをお手伝いします。
 生き残りという甘いことは申しません、一緒に勝ち残りましょう。

【ITコンサルティング】株式会社アイティーフィット

 多くの中小企業では、IT化が進んでいないとされる。理由は人と予算にあります。アイティーフィットはサイボーズのクラウドサービス「kintone」を活用し、低予算でユーザーに最適なシステムを構築する事に取り組んでいます。

【人材補強】【社内英会話研修】ASJ株式会社

人手不足にお悩みの経営者の方へ。ひとつの解は、優秀な技術を持った外国人材の採用です。私たちはフィリピンの技術者の採用のお手伝いをしています。(情報処理技術者(IT)、電気・機械・3D設計技術者、英語教師、コンシェルジェ等)
また、一般社団法人 FETJ国際教育協会と提携し、フィリピン人の現役英語教師による社内の英語研修を格安にてご提供しています。

【WEB企画・コンサルティング】リキマルラボ

特に小規模WEBサイトの見直し、リニューアル等に経験豊富です。記事原稿の企画・再生、映像コンテンツ、デザイン等もご相談ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日本経営士協会 首都圏支部 All Rights Reserved.