3月9日から、小規模事業者持続化補助金の募集が始まりました。

今回の募集期間は、平成30年3月9日(金)~平成30年5月18日(金)
約2ヶ月あります

中小零細小規模事業者が、経営計画に基づき販路開拓するには
ピッタリな補助金です。

HPの立ち上げ、店頭のポップやのぼり、広告用チラシetc
これらの経費の2/3(上限50万円)補助してくれます。

つまり75万円の投資を、実質25万円で出来るのです。

公募要領には「2次公募」の記述がありませんので
もしかしたら今年はこれっきりかもしれません。

任意ですが、事業承継計画を織り込むと「加点」となり
採択率が上がります。

使い勝手のいい小規模事業者持続化補助金

1.事業の概要

小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、
小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて
経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の
経費の一部を補助します。

なお、本公募においては、事業承継に向けた取り組み、
生産性向上に向けた取り組みを実施する事業者を重点的に支援します。

2.公募期間
平成30年3月9日(金)~平成30年5月18日(金)

3.対象者および補助率等

<対象者> 全国の小規模事業者
<補助率> 補助対象経費の2/3以内
<補助上限額>
通常:50万円
賃上げ、海外展開、買物弱者対策:100万円
複数の事業者が連携した共同事業:500万円

商工会の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方は、
「全国商工会連合会」のホームページから、
【全国商工会連合会ホームページ】
http://www.shokokai.or.jp/?post_type=annais&p=5703

商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方は、
「日本商工会議所小規模事業者持続化補助金事務局ホームページ」から、
公募要領をダウンロード出来ます。

【日本商工会議所小規模事業者持続化補助金事務局ホームページ】
http://www.chusho.meti.go.jp/…/shokibo/2018/180309jizoku.htm

今からスタートダッシュで取り掛かれば、採択されるかもしれませんね。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹
特定非営利活動法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 経営士 丸山未来経営研究所 代表所長 ■ 主な執筆活動 「近代中小企業」(経営者向け専門誌) 「東洋経済オンラインニュース」 http://toyokeizai.net/articles/-/95664 ■ 経営者向け勉強会 決算書を読み解けず、会社のお金の流れにドンブリな経営者に「お金のブロックパズル」を使って視覚的に誰でも一瞬で理解出来る「脱★ドンブリ経営実践セミナー」を定期開催している。 ■経産省認定 経営革新等支援機関(関財金1第587号)