ドンブリ勘定の社長を経営数字を使って、判断基準が持てるようになる
「お金のブロックパズル」であなたの会社の収益をザックリ言い当てます。

決算書は必要ありません。

「お金のブロックパズル」使って収益向上の秘策を公開します。
*最下段に読者プレゼント付き

1シート収益シュミレーション

冒頭の図をご覧ください。

このブログをいつも読んでくださっている方は
ご存知だと思いますが、初めて訪れた方のために簡単に説明しますね。

それは決算書を読み解けず、会社のお金の流れにモヤモヤ感がある社長が
決算書から必要な数字のみ抜き取るだけで、経営の意志決定が
可能となる「お金のブロックパズル」です。

お金のブロックパズルの活用法は、下記URLから「無料メルマガセミナー」に登録して、
使い方事例の解説がダウンロード出来ます。
それに加え7日間のレッスンメールを受け取ってくださいね。

http://mirai-keieiken.com/lp/report/

話を本題に戻しましょう。 お金のブロックパズルに(  )があります。

ここに数字を埋めていくだけで、聞かなくてもあなたの会社の収益がザックリわかるんです。
飲食店の収益をシュミレーションしてみます。

読者皆さんがイメージしやすいように、とあるイタリアンレストランの
収益をシュミレーションしてみましょう。

①売上予想をします

注文を待っている間にメニュー表を見ます。ランチだと1,500円
ディナーになるとお酒も入るので4,000円だと予想します。

店内を見渡し席数を数えます。
4人掛けテーブルが10席あります。

満席で40人ですね。ランチの場合11:30~14:00まで営業。
ビジネス街でまずまずの客入りです。

仮にフルで2回転をしたとすると、40人×2回転×客単価1,500円=12万円
ディナーは18:00から21:00(ラストオーダー)で営業。

ディナーは単価も高く、ゆっくり食事をする人が主なので1回転。
40人×1回転×客単価4,000円=16万円。

ランチとディナーで1日 28万円の売上です。
これに営業日数を掛ければ月商(売上高)が出ます。

お店の看板に日曜定休とあります。
約25日が営業日数となりますね。

とすると売上高は28万円×25日=700万円/月と予想出来ます。
ここで変動費と粗利もついでに予想値を書きます。

飲食業でレストランなら大体粗利率は70%です。
とするならば、粗利は700万円×70%=490万円/月となります。

【業種別の粗利率はTKC BASTから検索して見てください。】

②人件費を予想します

店内や厨房をトイレに行ったついでに、覗いてみます。
どうやらオーナーシェフ1人、料理人2人、ウエイトレス2人体制の様です。

ウエイトレスはアルバイト風なので0.5人換算で計4人です。

1日の人件費を1人2万円とすれば、8万円かかります。
1ケ月で人件費は240万円と予想します。

(人件費は報酬・給料以外に法定福利費、通勤費も含む)

③固定費を予想します

固定費は人件費の50~100%の幅を目安とみます。

水光熱費、広告宣伝費、家賃、通信費等、人件費同等の240万円としましょう。

総固定費は480万円ですね。最後に収益(利益)は
粗利額490万円-480万円=10万円となります。

④手元に残るお金

開業時に改装費用や設備投資で銀行から2,000万円の借入をしているとします。
10年返済だと元金返済は毎月25万円となります。

銀行への返済は、利益の10万円からします。
すると、15万円足りない状態となります。

この場合利益は出ているが、返済に大変なタイプと予想します。

実際には、設備投資をしていますので減価償却費が利益にプラスされ
足りないお金は少なくなりますが、それでも「利益は出ているがお金が足りない状態」
からは脱却出来ません。

収益を増やして返済ラクラクタイプにするには?
ここまでオーナーシェフに聞かずにここまで予想しました。

仮に返済が大変なタイプだとすると、2つの視点で考えます。
まず粗利率です。 仮に70%だとしました。

本当にそうなのか確認が必要ですが、ほぼほぼ正しいとすると
比較的高い粗利率なので、回転率を増やし1日の客数を見直します。

【お店のレイアウト】がありますね。

ここに問題点を書き出します。

例えば、4人掛けテーブルが10席の前提ですが、ビジネス街で
1または2人連れの客が多いならば、要改善ですね。

ムダなテーブルが稼働している事になります。
統計を取ればすぐに分かります。

つまり、この場合「どうしたら客数を上げられるか?」となります。

次に固定費です。
人件費は240万円と予想しました。人件費が正常かどうか見る指標で
「労働分配率」が図にあります。

これは人件費を粗利で割ってあげるのです。
この場合、240万円÷490万円で49%となります。

仮に240万円がほぼほぼ正しいとすると、この49%は正常と見ていいでしょう。

ですから、人件費と同等掛かっていると思われる、
その他の固定費を見直しましょう。

その多くは効果測定の出来ない広告宣伝費です。

この広告をうったら何人客が来て、いくら使ってくれるのか?

これを費用対効果と呼びますが、事前に計算して広告を打っている経営者は少ないです。

如何でしたでしょうか?

仮に15万円返済が苦しくても、お金のブロックパズルを使って
視覚的に思考すれば、簡単に対策出来そうですね。

★読者プレゼント★

冒頭の1シートシュミレーションのPDF版をお読み頂いたお礼に
先着5名様にプレゼントします。

ご自分の会社にあてはめてもOKだし、お気に入りのレストランへ行って、
注文待ちの間にザックリ作るのも楽しいですよ。

経営に対する地頭が良くなります。

お会計の際にオーナーシェフにプレゼントして見てください。
喜ばれますよきっと。

ご希望の方は、「コメント送信」から
お名前と1シートシュミレーション希望とお書きの上、申し込みください。
ブログの感想も書いて頂ける励みになります。

投稿者プロフィール

丸山 一樹
丸山 一樹

特定非営利活動法人 日本経営士協会 首都圏支部役員 経営士

丸山未来経営研究所 代表所長


■ 主な執筆活動

「近代中小企業」(経営者向け専門誌)

「東洋経済オンラインニュース」

http://toyokeizai.net/articles/-/95664


■ 経営者向け勉強会

決算書を読み解けず、会社のお金の流れにドンブリな経営者に「お金のブロックパズル」を使って視覚的に誰でも一瞬で理解出来る「脱★ドンブリ経営実践セミナー」を定期開催している。


■経産省認定 経営革新等支援機関(関財金1第587号)